違法な風俗店を自分で見極めよう

風俗は法律で、やってはいけないことが決まっています。 違法な風俗店を見極めるためには、やってはいけないことを把握しましょう。 チラシを配ることが、法律で禁止されています。 また路上に立って、お客さんを呼び寄せる行為も禁止なので誘いに乗らないでください。

本番行為をしてはいけない

性的なサービスをする風俗店行に行こうと思っている人が多いでしょう。 その時は、本番行為がないことを確認してから訪れてください。 本番行為をしてくれる風俗店もありますし、それを期待している人もいます。 ですが法律で、風俗店で本番行為をすることは禁止されています。

周辺の相場価格を知っておこう

風俗店には、相場価格があります。 ソープやデリヘル、キャバクラなど風俗の種類によって、相場価格が変わります。 違法な風俗店を判断する時に、相場価格を知っていると判断しやすくなります。 自分が風俗店を利用するエリアを決めて、相場価格を調べてみましょう。

何をしてはいけないのか知ろう

たくさんの風俗店が街中に並んでいるので、どこに行けば良いのか悩むでしょう。
それぞれのお店によって、働いているスタッフの年齢層や細かいサービス内容が異なります。
比較して、自分の気に入ったお店に行ってください。
しかし、まずは安全な風俗店なのか見極めなくてはいけません。
日本では、風俗に関する法律が細かく決まっています。
ですが法律で厳しく規制しているにも関わらず、違反して経営を続けているお店も見られるので用心してください。

法律を違反している風俗店を利用したら、お客さんも罰せられます。
スタッフから何も聞かされなかったり、大丈夫だと言われていた場合でも関係ありません。
風俗法を犯した人間だというレッテルを貼られます。
すると、社会的な信頼が低下してしまうので気をつけてください。
安全な風俗店に行くと、そのような心配は必要ありません。
まずは、風俗店で禁止されていることを知りましょう。
禁止されている行為をしているお店は、違法店なので近寄らないでください、

また、価格を知ることも大事です。
風俗店には、ある程度の相場が決まっています。
相場よりも高い価格のお店は、あまり良いとは言えないので控えた方が良いでしょう。
料金システムの記載方法にも注目してください。
分かりやすく料金システムが記載されているところは優良な風俗店です。
違法な経営をしている風俗店は料金システムが分かりにくかったり、基本料金しか説明しないところが多いです。